FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

①緊急メンテナンス②トレジャーハンターとOu戦利品のドロップ率について

金曜日のゴールデンタイムに突如として訪れた緊急メンテナンス。

 

【リンク:7月7日緊急メンテナンスのお知らせ】


先日から報告が挙がっているアンバスケードやエミネンスアニバーサリの不具合についてだろうか。

今までにない不具合だったようだが、FF11の開発としては珍しいな。

しっかりと直してもらって楽しく遊べるようになることを七夕に因んで祈る。

 

記事の予約投稿をいつもより2時間早めた。

暇な人はよかったら見て行ってほしい。

==================

 

今日は7月7日、七夕祭り

みなさんの家から見える夜空は澄んでいますか?

催涙雨が流れていませんか?

【リンク:記事-たなばたリア充爆発】


たなばたがぞう


七夕に向けて行うことと言えばあれだ

そう短冊。短冊にしっかりとお願い事は書いたかな?



さて、お願い事と言えば「人柱」という言葉をみなさんはご存じだろうか。

よく耳にする言葉だが、実際に行われたという確証はなく迷信であるという説もあるが、神様に何かをお願い(祈願)する際に「生きた人間や動物を供物」にして、願いを叶えてもらおうとしていたとされる。

こんな話が今日の記事とどう関係があるのか、分かる人にはわかるであろう。



 □オカルトチックな

様々なコンテンツが実装され、それに伴って魅力的な装備品が多数用意されてきた。

そんな戦利品に魅了される人は多いと思う。

しかしその戦利品に対する思いとは裏腹に、渋いドロップ率に苦しめられるプレイヤーも多いだろう。

物欲は凶。センサーに引っかかる。


私のLSでもこの「物欲センター」なる現象で苦しめられている仲間がいる。

彼らが希望しているのはオーメンのOuがドロップする「両手装備」である。

これがさっぱり出ていないのだ。

「また〇〇がドロップした・・・(希望者無し)」

「うわぁ素材ばっかりだぁ・・・」

「両手が全然出ないなぁ・・・」

「また明日頑張ろうねぇ・・・」

こんな具合である。


希望の品が簡単に手に入る世界であれば、やりがいが無くなり面白味が減ってしまうのはわかるのだが、あまりにも出なさすぎるとそれはそれで面白味が減ってしまう「アチラを立てればコチラが立たず」という図である。

そんなフラストレーションを解消すべく、神様に祈る者が出てくるのは人間の性(さが)であろうか。

合成を例に挙げると、光曜日に合成を行うと・・・・というヴァナ・ディールのオカルト(ジンクス)がエミネンスの15周年アニバーサリに載っていたな。


ヴァナ・ディールの世界には様々なオカルト(ジンクス)が存在している。

その一つがこちらだ


「あぁ狙ってるアイテムが出ないわぁーテンション下がるわぁー」

「ドロップしないかなー」

「生贄が必要だよねー」


→ Ouに倒された


「わぁー生贄だぁ!これで目的のアイテムが手に入るぞー!」

「わぁー人柱だー!」

「人柱だー!」


王将の篭手ろどっぷ

みなぜっきょう

フラストレーションが解消された瞬間である。

このコメントが全てを物語っているだろう。

 


□戦利品について

王将の篭手リスト

私の「人柱」でドロップした「王将の篭手」であるが、

被ダメージカットは付いていないものの「盾」ジョブ至高の一品と言えるのではなかろうか。

高いプロパティは勿論のこと、リジェネ・リフレシュ・詠唱中断率ダウン。

強化魔法の効果時間も増える。

さすがOuのドロップ品。とても魅力的だ。

王将の篭手性能

この篭手はLSを牽引してきた仲間の手に渡った。

いつも企画から引率お疲れ様。これで次の人柱決定ですね。


□トレジャーハンターの効果


オカルトとは別の角度から見てみると、今回のOu戦ではトレジャーハンター(以下トレハン)の効果が、「12」まで乗っていた。

最大の「14(要ギフト)」には届かなかったが、このトレジャーハンターの効果について考えてみたいと思う。

Ouに対して、ドロップにどのような因果関係があるのかは不明である。

しかし実際問題、トレハンが及ぼすドロップ率の影響について「0」ではないと信じたい。

調べてみると、用語辞典に「箱」という表現があった。これは開発から正式に発表があったものだ。

イマイチ理解できなかったが、ある程度トレハンを成長させないと両手装備のドロップ判定にならない可能性もある。

【FF用語辞典:ドロップ率について】


今のところシーフのアビリティ「アカンプリス」を使ってOuのターゲッティングという技に対処しているので、今後もシーフを組み込んでの攻略が見込める。

数をこなして統計を取ってみるのも面白いかもしれないな。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ガタピ誌

Author:ガタピ誌
あなたの心に潤いを。
タルホルンリンクルは、妥協しません。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2002 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。