記事一覧

11月のアンバスケード1章に挑戦してみた


LSの仲間やフレンドに誘っていただき、アンバスケード1章に挑戦してみた。


【11月アンバスケード大典1章】


今回の敵はポロッゴ族。
少し前に登場していたようだが、その時は鉄板の攻略方法が確立され稼ぎ放題になり大いに盛り上がったという。
それを踏まえてか、今回はその「鉄板の攻略方法」にテコ入れがあったようだ。

[公式フォーラム]
“エキスパート”のほうは、復讐に燃えるポロッゴ族がヘヴィ耐性を備えて再び登場します。


前回の仕様では敵にヘヴィを入れてしまえば殴るだけで勝ててしまったらしい。

それを防ぐため今回はヘヴィに完全耐性?を持った状態で再登場。

さてどんな攻略方法がベストなのか。



最初に誘われたパーティでは難易度「やさしい」に突入

構成は

忍赤召(私)+ヨランオランコルモルコーネリア


定期的にケット・シーのミュインララバイを入れてあっさり勝利。

カエルの子分が沸く「雨乞い」は使ってこなかった。


色々なブログを拝見してみると、雨乞いの発動条件は「ボスに状態異常を与える」と使ってくるという記述を見つけた。

ふむふむ。


そんなことは気にせず「ふつう」へ突入。

アンバス11月1章


5分程で勝利。やはり雨乞いは使ってこなかった。

結構楽勝だった。




◇ソロでも行ってみた


楽勝ムードに気をよくしてソロで挑戦することにした。

とりあえず様子見で「とてもやさしい」へ突入。


帰るとマトン 


ジョブはお馴染みからくり士。

敵の攻撃は全然痛くなかった。変温動物ごときに後れを取るマトンではない。

しかし途中で形勢逆転。なんと雨乞いを使ってきたのだ。


そしてワラワラと沸く手下たち


お供のカエル 


反撃する間もなく本体がやられて退出・・・。

うーんうーん。弱体ってなんじゃろか。

フェイスは呼んでいなかったので、マトンのフラッシュがいけなかったのだろうか?

ナゾである。

物理カットか


あと、カエルの鼓舞という技を使った直後から与ダメージが半分近くに落ち込んでいたな。

ディスペルで解除できていたので、パーティを組んで攻略する場合は考慮したほうがよさそうだ。



◇色々な人に誘われて行ってみた


ソロでの敗北から一夜明け、しょぼくれた私にLSの仲間が声をかけてくれた。

難易度は「ふつう」

構成:剣侍踊白赤召


殴り始めて序盤に、クエンチングハンマーという範囲技でMPがごっそりと減らされてプチパニックに陥りながらも勝利。

その後何度か同じ構成で突入して慣れてきたのか、後半はとても安定していた。

5分~10分の間で討伐。

よく訓練されたプレイヤーなら「とてもむずかしい」が2分~3分で終わるのだとか。凄いな。



◇仲間も麻痺???


気になったログがあったので撮ってみた。


麻痺になるける


雨乞いのあとに沸く子分たちだが、ボスが使う「カエルの鼓舞」。

前述したが敵の防御力がアップする技だ。

しかし上記のログを見てみると、何匹か麻痺になっている。


カエルコブン棒よあったぷ


何度かログを追ってみたが、麻痺になっている個体がいるな。

なんでだろう。



◇ホールマークの累計


とりあえず仲間に恵まれた境遇に感謝しつつホールマークを見てみる。


ホールマール久家家


うむうむ。この調子で稼げるなら金策も捗りそうだな。嬉しい限りである。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ガタピ誌

Author:ガタピ誌
あなたの心に潤いを。
タルホルンリンクルは、妥協しません。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2002 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.