記事一覧

進化とは実に興味深い


進化とは夢のあるコトバである。

「ゲーム」にフォーカスしてみると、ファミリーコンピュータからニンテンドースイッチに到達するまでに掛かった時間は34年。
思い起こせば、FCで最初に遊んだソフトは『亀の恩返し』という横スクロールのアクション・シューティングゲームだった。
とにかく面白かった記憶しかない。

亀の恩返し 

何が面白かったのか、と聞かれても答えられないのだが、「テレビゲーム」という物に触れたことが無かった子どもの私は、ゲームという存在そのものに魅力を感じたに違いない。

あの感動から何年経っただろうか。
当時遊んでいた据え置きゲームのソフトが、携帯電話のアプリで遊べる時代になった。
日本人は色々な物を小型化するのが得意だが、この技術は本当に凄いと思う。
以前書いたが、ケガの治療で入院する際にニンテンドースイッチを奥さんに買ってもらった。
ほとんど触っていないので寝室のオブジェになりつつあるが、持ち運んで好きな時に遊べるスイッチはゲームボーイのような懐かしさを彷彿とさせる。
いやはやゲームの進化は目まぐるしいな。


◇そんなことよりモグガーデン

さて本題。
先日Tarouが「大人に進化」して晴れて卒業となり、モグガーデンの仲間も若干様変わりした。
実はあのTarouとの感動の別れのあとに、バッファローの「Dangomusi」も思い出をくれたので入れ替えを行った。


◇あたらしいおともだち

これはスライム族の「Slime」。Tarouの思い出と一緒に「ミニスライムの思い出」をくれたイイやつだ。
スライム
通常の個体に成長させるべく、現在断食中である。(-人-)


そしてスライム族の亜種を狙って招いたのが「Mizutamari」。
水たまり
潮干狩りでしか入手できない「ビビキースラッグ」を与えると、クロットに進化する。
ガーデンに来てまだ日が浅いのだが、この先を見据えて潮干狩りで進化アイテムを手に入れておいたほうがよさそうである。


バッファローのDangomusiと入れ替えで招いたのが、ブガード族の「Pigumon」。
とうとう飼育ランク「5」に突入だ。
子ブガードのピグモン

子ブガードは「怒る」と喜ぶ変態気質である。ナデナデではダメなのだ。

そんなこいつらの成長パターンは二つ
①地球時間経過で通常の個体に進化
獣人の血を与えると、見た目がいかついアビソブガード
Pigumonをどっちにするかは検討中なのだが、とりあえず断食モードである。(^人^)


そして先々月の9月から居座っている大御所「Saboten」。
サボテン中くらい
こいつは「日輪の種子」を与えるとジャンボテンダーに進化する。
だがしかし、成長する確率がかなり低い。
簡単に手に入る餌では「簡単に進化しない」というのが公式の発表で明らかになっている。色々なブログでもコイツに手こずっている記事を見かけた。

ちなみに日輪の種子は、ガーデンのモーグリが販売している「謎の穀物の種」を畑に植えておけば高確率で手に入る。
面倒であればアラゴーニュの特産品露店でも買うことができる。


さて、いつものように日輪の種子を与えると
誘弁嫌がる
嫌がる。

そして「もぞもぞ」する。←進化しない場合の挙動

サボテンyつるった

?・・・「もぞもぞ」s・・・していない?

サボテンyつるった

・・・「もぞもぞ」がログに出ていない。


ゆすった証拠日付

!!!体を激しくゆすっている!!!←進化する場合の挙動!


さbてんがしんかすれたすgてあ



とうとうこの日がきた・・・長かったぞ。
花サボテン
ジャンボテンダーになると、頭に花が咲く。
こいつの思い出は「移動速度アップ」という貴重な能力が付いているので、思い出を貰えるまでだいじに可愛がるとしよう。
進化してくれて本当によかった。


モンスター飼育:ランク1の進捗状況

complete!!

モンスター飼育:ランク2の進捗状況 

complete!!

モンスター飼育:ランク3の進捗状況

complete!!


モンスター飼育:ランク4の進捗状況

クアール① :Tarou→卒業 ・゜・(PД`q。)・゜・ 

クアール② :Jirou→卒業 ・゜・(PД`q。)・゜・ 

バッファロー:完了

スライム① :育成中:通常の個体ルート New!!

スライム② :育成中:クロットルート New!!


モンスター飼育:ランク5の進捗状況

ブガード  :育成中:通常ルート New!!

アダマンタス:未


モンスター飼育:ランク7の進捗状況

サボテンダー:育成中:ジャンボテンダー:New!!




スポンサーサイト

コメント

No title

花がっぱ乙

名無しさんへ返信

> 花がっぱ乙


油断してると、尻子玉抜かれるで(妖怪図鑑見てトラウマ)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ガタピ誌

Author:ガタピ誌
あなたの心に潤いを。
タルホルンリンクルは、妥協しません。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2002 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.