記事一覧

①Ou戦のドロップ-トレジャーハンターの効果?part3:②調度品シリーズの食器


■食器


古くは縄文時代。

私たちが縄文土器と呼んでいる過去からの贈り物だが、あれは「何かの入れ物」として使われていたと考える方が普通だろう。

この縄文土器が和食器のルーツであるという研究者もいる。

ということは、1万年以上前から「食器」という概念があったというわけだな。

 

じょうもんどき7


 

食器には「和食器」と「洋食器」の二種類がある。

前述したが、歴史を辿っていくと日本人は和食器を使って飲食を行っていた。

茶碗を持って箸を使って食事をとる。特にそれが珍しいわけではないと思っていたのだが、実は食器を「手に持って」物を食べるのは日本人だけなのだとか。

そう、日本人は世界的に見て珍しい文化「食器を持って食事をする」希少な人種だったのだ。


お茶碗を持ちなさい!と言われて育った子は私だけではないはず。

このセリフを言われて育った人は世界人口74億2千万人(2017年8月23日現在:米国勢調査局+国連の推計)の中で、ほんの一握りだったということか。

我々は貴重な体験をしてきたわけだ。


わしょっき

 


外国人から見るとナゾ文化極まりない日本の習慣だが、和食器はその習慣に合わせた設計になっている。

物を持つと手が疲れる。それが茶碗でも同様に。

それ故に和食器は洋食器と比べると軽いものが多いらしい。必然とそういう親切設計になったのだな。

ちなみに洋食器はテーブルに置いたまま食事をすることを前提に作られている。

そしてナイフとフォークを使って食事をするため、縁のない平べったい設計になっているものが多いようだ。

テーブルの上に置かれた平べったい皿。テーブルマナーの基本であるナイフとフォーク。グラスを片手にベルバラよろしくディナーである。

しょっきいちらん




■ゴブリンの箱から調度品シリーズ


冒頭の話が長くなってしまった。

では本題に入るとしよう。今回手に入った調度品はこちら


食器をゲット


食器一式」である。実はこの調度品、合成や錬成では作成できないのだ。

とあるクエストの報酬でしか入手できない。

そういった意味ではレアなのだろうか。一応該当するクエストのリンクを下に貼っておく。

リンク:結構長い食器クエ


さてさて、冒頭の話しを引っ張るならばこの食器一式は


「和食器なの?!」

「洋食器なの?!」


飾って見てみるとしよう。



食器を置いてみた




・・・・・。




■オーメンOu戦


前回から少し間が空いてしまったが、Ou戦でのトレジャーハンターの効果を肌で感じるチャレンジ。

今回も私はシーフで参加。

Ouを倒す工程は割愛して戦利品だけ報告するとしよう。

前回と同様トレジャーハンターは敢えて「10」で止めてみた。

 

その結果がこちら

応戦ドロップ8月23日


LSの仲間たちの反応

加工済み


アクセサリーが二種類。両方とも希望者がいたのでよかったよかった。


トレハンを乗せていなかった時と比べると、、、?!

と言いたいところだが、まだまだ比較するには検証数が少なすぎる。


気になるとすれば、ドロップの枠数か。前回も今回もトレハンの効果が「10」で「4枠」だった。

その前はトレハンを「12」まで乗せた結果、初篭手が出たものの枠数は「3枠」。

 

(4枠目ってトレハン枠なのかなぁ。だったら運だよなぁ。運だろうなぁ。。12より10が優れてるなんてありえないよなぁ。。大は小を兼ねるっていうしなぁ。。。たまたま3枠だったんだろうなぁ。。。) 

 

と自問自答しつつ

デメリットにはならないという確信を持って、次回もトレハンを「10」で止めてみたいと思う。

尚トレジャーハンターのランクアップは、フェイントと不意打ちを合わせて使えばかなりの確率で効果が乗ってくれた。

メリットポイントを振っておいて正解だったな。さすがオレ。



■まとめ


「ドロップなんて確立だ」

と言われたらそれまでだが、トレジャーハンターのロマンを感じてみたいではないか?

 

 

トレハン「12」

王将の篭手リスト

 

 

トレハン「11」  

検証数ゼロ 

 

 

トレハン「10」

Ou8gatu8niti.png 

応戦ドロップ8月23日



スポンサーサイト

コメント

No title

確率

名無しさんへ返信

> 確率

言っちゃダメ!ゼッタイ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ガタピ誌

Author:ガタピ誌
あなたの心に潤いを。
タルホルンリンクルは、妥協しません。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2002 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.