記事一覧

「あますず祭り」ミュモルのイベントをやってみた:やりごたえ(★★★★☆)

キャンペーンのHQ期間が終わってしまったので、手付かずだったあますず祭りのイベントに挑戦してみた。


イベントの開催期間:2017年8月4日(金)17:00頃~8月31(木)23:59頃

みゅもるぞう


このアイドル戦士は2008年からヴァナ・ディールで活躍している。

ラストラストと言いながら、今年でアンコール2回目。来年で10周年。

世間一般で言われる「アイドル」ならば、そろそろ引退を考える年齢に差し掛かっているのかもしれないな・・・。



そんなことはさておき、

とりあえずイベント会場へ赴いてみた。

 

 

■ヒロインショー

毎年同じような趣向だが、今年は条件を満たせばBFへの挑戦権が手に入るらしい。

みゅもるイベント序章


ショーが始まる前にイベント解説モーグリがPOPする。

参加者に対して、どのようなモーションをミュモル(Mumor)に行う必要があるのかを教えてくれる。

/danceの種類などの説明もあるため、初めてやる人にもわかりやすい設計になっていた。


■イベント開始

寸劇が始まるとミュモルとウカ(Uka Totlihn)が殴り合いを始める。

ギャラリーはミュモルに対し/wave(手を振る)/cheer(応援する)/clap(拍手する)を行いパワーを貯めるお手伝いをする。

パワーが貯まる→ダンスでウカを攻撃→パワーが貯まる→ダンスでウカを攻撃

といったサイクルを繰り返し、ウカを撃破すればイベントクリアとなる。


パワーを貯めるモーションは、同じものを複数回行うよりも違う種類のモーションを使いまわした方が良いらしい。

そしてダンスの際に、ミュモルと同じダンスのモーションを行えば『シンクロ』ポイントが貯まり、このポイントが一定数貯まれば衣装などが手に入る。


何度か挑戦してBFのチケットである「ミュモルエクストラステージ特別招待券」を手に入れたので行ってみた。



■エクストラステージ

BFの場所はフェ・インのク・ビアの闘技場だ。

突入するとミュモルが待機しており、その奥にはウルゴア(Ullegore)が待ち構えている。

今回私はからくり士で突入してみた。オートマトンをぶつけて様子を見る。


BFみゅもるマトンとシンクロ

ミュモルのモーションはオートマトンが元なんじゃないかと思うくらい、安定のシンクロ率である


シンクロしている2体のおかげで、なんなく撃破。

ちなみにこのコース族の姿は第一形態であり、この状態のウルゴアを倒してもクリアとはならない。



■第二形態

コース族のウルゴアを倒すと、人型に変身して襲ってくる。

売るゴア進化

高位魔法を使ってくるので回復手段が無いジョブだと負けてしまうかもしれないな。

この人型も普通に殴り続ければいいのだが、倒す寸前でこちらのHPと与ダメージを「1」にしてしまう技を使ってくる。

この直後にミュモルが不思議な技を使って上記の状態異常を治してくれるのだが

ミュモル死ぬ

死ぬ。


不思議な技の効果はこんな感じ。

楽しいを忘れない



ミュモルが倒れたあとは、プレイヤーとウルゴアの一騎打ちである。

尚、私はオートマトンに殴らせて遠くへ避難。

楽しいを奪われたロボ

「楽しい」を奪われるLobo。しかし何のことやら。

とりあえず大きな事故もなく無事に撃破。いやはやオートマトンは本当に優秀である。


率直な感想としてウルゴアはかなり手強かったな。もっとこう、シュパパパっと終わるイメージだったのだが。

BFの報酬はウルゴアの像である。

BFクリア後に、イベントモーグリに話しかけるとミュモルの像もくれる。



飾ってみた。


彫像


思った以上にやりごたえがあったヒロインショー。

倉庫キャラクターにも像が欲しかったのだが、残念ながら戦えるくらいに育っていないので挑戦できないことが悔やまれる。

 

回復手段が整っていれば勝てると思うので、まだの人は是非やってみてほしい。

もしかしたら、アイドル戦士は今年で本当に見納めかも?!・・・


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ガタピ誌

Author:ガタピ誌
あなたの心に潤いを。
タルホルンリンクルは、妥協しません。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2002 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.